会社を経営するにあたって絶対ミスが許されない資金繰りの仕方についてまとめました

法人の資金調達法まとめ【会社経営の命綱】

MENU

法人にとっての資金とは?

法人にとって資金は無くてはならないものです。
資金が無ければ従業員の給料も払えませんし、場所を借りているなら家賃も払えません。
新しい事業を始めようとする場合にも、多くの資金が必要になります。
PCが必要なら従業員全員分を購入する必要がありますし、デスクや雑貨も必要になるでしょう。

 

このように法人にとって資金とは命綱、まさに生命線と言えます。

 

倒産イメージ

生命線である資金が尽きれば会社は倒産となります。資金調達を失敗すれば会社の未来は無いのです。
多くの会社はこの資金調達に苦労しているはずです。

 

銀行からの融資を受けるのにも、事業計画や収支計画を提出しなければ返済できる可能性が無いとして借入できません。一度融資を受けても経営が悪化すれば融資の打ち切りもあり得ます。

 

法人を設立した社長が最初に乗り越えなければいけないのが資金調達です。

 

事業の可能性を広げるためにも、いかに多くの資金を集められるかが社長の手腕に掛かっています。取引先から大量に仕事を受注できても、資金が無くて商品を作れないと言うことがあれば大失敗です。仮に大口の仕事を成功させても、お金が振り込まれるまでに資金運用ができなくなるようではだめです。お金が振り込まれるまでの資金の流れを正確に把握し、安全な資金運用が会社を守ります。

 

会社は当然ながら利益をあげることで発展します。

ここで重要になるのは赤字決算資金運用の失敗は別だと言うことです。
赤字決算とはその年の利益がマイナスだったことを示します。
つまり資金が減っただけで0ではないのです。
翌年の努力次第で赤字のマイナスは取り返すチャンスが残っています。

 

しかし、資金運用の失敗は取り返しが付きません。
失敗した時点で倒産して終わりなのです。

 

クレジットカード現金化 法人の資金調達方法として最近注目されているものの一つです。

 

 

資金繰りの失敗は、黒字倒産という信じられない状況も作ってしまいます。

黒字なのに倒産する奇妙な現象は、資金繰りの失敗によって発生するのです。

 

まず、自社商品を開発するために、他社から細かい部品となる商品を購入するとします。
この時、他社から部品を買った時点で支払いは発生しますが、自社の利益を得るには商品を販売しなくてはいけません。そして無事に商品を納品することができたとします。
この時点で会社は黒字になります。作った自社商品が売れたのです。

 

しかし、その売れた利益がすぐに支払われるとは限りません。

 

お金

大抵の会社は商品を納品した翌月末、もしくは翌々月末払いと言うように、1ヶ月か2ヵ月後になります。
この短い期間に会社の資金が無くなり支払いができなくなると、いわやる不渡り手形を出すのです。

 

不渡り手形とは取引相手の会社と指定した日時までに100万円を支払います、という約束のことです。手元に資金が無くなればお金を支払えず、結果的に約束を破棄する形になります。

 

例えば、100万で購入した商品を300万で売れば、200万の黒字になります。
しかし、お金が振り込まれるのは1ヶ月、2ヵ月後になるでしょう。
このお金を振り込まれる間に、100万の支払いが発生した場合は、手元にお金が無いので払えません。

 

このように不渡りを出すと、あらゆる銀行から取引を停止され、倒産に至ってしまうのです。
これが黒字倒産です。せっかく利益を出したにも関わらず、資金繰りを間違えた失敗なのです。
資金繰りの失敗は倒産のため、非常に重要なのです。

 

赤字になるよりも注意しなくてはいけないのが資金です。

お金がどれだけ会社に残っているか、数ヶ月先まで完璧に把握しておかなければ危険です。
莫大な利益を生み出す会社になるまでは、細心の注意を払って管理しましょう。

 

資金は法人にとって生命線です。
途切れれば会社は倒産し、従業員は路頭に迷うでしょう。
会社と従業員を守るため、社長は資金繰りを間違ってはいけないのです。

 

資金繰りの上手い下手とは?

 

 

クレジットカード現金化