会社内のお金の流れのことで営業、投資、財務のキャッシュフローが存在します。

お金の流れ「キャッシュフロー」について

MENU

キャッシュフローとは?

キャッシュフローとは、簡単に言うと会社内のお金の流れのこと言います。
一定期間に入ってくるお金と、出ていくお金をまとめたものです。

 

例えば、自社の商品を納品、つまり売った場合に、お金がまだ振り込まれていないのに売上として計上するため、決算書と実際のお金の流れに食い違いが生まれます。
そのため利益は意見、キャッシュは事実と呼ばれています。
キャッシュフローこそ、その会社の経営の実態を表すものなのです。

 

利益は今後の予定であり、キャッシュフローは現在の状況を示すと考えましょう。
このキャッシュフローを理解していないと、黒字倒産という事態になりかねません。

 

ちなみにキャッシュフロー計算書は、上場企業では作成が義務づけられています。
中小企業には作成義務はありませんが、銀行などで融資を受ける際にはあった方が有利になります。

 

通常、会社が結果報告として作成する損益計算書では、現金の黒字と赤字ではなく、利益と損益で報告します。そのため大量の商品在庫を抱えたまま資産として損失を出さないことも可能です。
実際に現金は会社に入っていないのに利益は出ているようにごまかせてしまうため、それを回避するためにキャッシュフローが必要なのです。
キャッシュフローがあれば会社にいくらの現金が残っているのかが一目瞭然になります。

 

大手企業なら心配は少ないですが、中小企業ならこのキャッシュフローは大切です。
利益が出ているかではなく、現金がいくら残っているかを確認しておかなくてはいけません。
中小企業の経営者は利益が出ている時こそ慎重にならないといけないのです。

 

キャッシュフローにもいろいろな種類があります。
営業キャッシュフロー

日常的な生産、営業活動で得る現金と、それに必要な経費です。
商品の売り上げは収入で、従業員の給料は経費となります。

 

投資キャッシュフロー

トラックの購入や工場の建設など、会社の資産になる収支のことです。

 

財務キャッシュフロー

借金をいくら返して、銀行などからいくら借りたかなどです。

 

キャッシュフローは細かく正確にまとめておきましょう。
それが会社を安定させるために必要なのです。