売り上げが増加している時こそ資金繰りに細心の注意を払う必要があります。

資金繰りが苦しくなる原因

MENU

資金繰りが苦しくなる原因

資金繰りは生命線です。
絶対に失敗してはいけない大切なことです。

 

しかし、多くの会社では資金繰りが厳しくなってしまうのが実情です。

 

 

では、何が原因で資金繰りが苦しくなっているのでしょうか?

主な原因としては売上が増加している時減少している時です。

 

売上が減少している時に資金繰りが厳しくなるのは分かります。
しかし、売り上げが増加している時も資金繰りは厳しくなるのです。
それは大量に商品を作るために、多くの部品を他社から購入する必要があるからです。

 

法人設立後に多くの社長がつまずく原因がこの大量受注の時です。

会社を軌道に乗せたいと思っている時に大量注文を受ければ、すぐ飛びついてしまいたくなります。ですが、その衝動を抑えて資金繰りが問題なく可能か考えなければいけません。
安易に受注してしまい、その後に資金の問題に気づいても遅いのです。
資金が無いので受注を取り消したいと話せば、当然会社の信用は無くなります。
かと言って無理に続けても倒産の危機が迫ってきます。
利益を得るのは大切ですが、それ以上に資金がいくら手元に残っているかが重要なのです。

キャッシュフローとは?

 

また、商品の過剰な在庫も資金を圧迫します。

時代遅れになった商品をいつまでも在庫として抱えていると、それはいつまで経っても資金になりません。原価を割ってでも売れるうちに資金にしておいた方が良いでしょう。

 

他にも会社によって様々な原因が発生するでしょうが、
それを回避するには自社のコスト構造を正確に分析することです。

 

なぜ会社から資金が減っていくのか、何が負担になっているのか把握しましょう。
そしてそれを改善する方法を実行すれば倒産する確率を大幅に減らせるはずです。

 

万が一の場合にお金を借りられるように、家族や親戚に話をしておくのもいいかもしれません。
不足の事態などあってはならないのですが、何が起きるか分からないのも事実です。
緊急時の保険となる対応策を探しておくのも良いです。
会社が倒産しないよう、資金繰りが苦しくなる原因は早めに解消しましょう。