危険な資金調達をしないためには、状況を見誤らないように、視野を広く持つことが大切です。

資金調達法は慎重に行わなければなりません

MENU

危険な資金調達法

会社の資金繰りが厳しくなると、どうしてもお金を借りたくなってしまいます。
まずは銀行を頼る人が多いでしょうが、会社の経営が傾いている時に貸してくれるのは稀でしょう。

 

お金がなくなるイメージ

家族や知人にお金を借りられる人が居ればまだ良いですが、そうでなければ他から資金を調達しなくてはいけません。

 

中には危険な資金調達をして、結果的に倒産してしまう経営者も居るでしょう。
最悪の場合は自己破産しなくてはいけない場合もあります。

 

銀行や知人がダメなら、次は消費者金融に借りに行くことになるでしょう。
その際には必ず複数の業者に相談し、より良い業者を選ぶようにしてください。
最初に相談しに行った場所で、

  • うちならこれだけ貸せる
  • 他ではこんなに出さない

そう言って契約を迫ってくるでしょう。当然です。
他の消費者金融に行かれては客を逃すことになるのですから、甘い言葉を連発するはずです。

 

消費者金融の中には一定期間、無利息で貸し出してくれる場合もあります。
これを利用できるかどうかで返済額は大きく変わってくるので覚えておきましょう。
他にも金利や限度額の違いがありますので、安易に選ばず返済計画に合った場所から借りるようにしてください。

 

また、闇金のような悪徳業者に騙されないように注意しましょう。
あなた自身だけでなく、会社や家族にまで被害が及ぶ可能性があります。
ドラマのワンシーンのような、借金取りが家のドアを叩く光景は絶対に避けたいものです。
悪徳業者だと取り立てのルールを守らずに押しかけてくることもあります。

 

 

次に危険な調達方法として、返済計画をまったく考えない借入です。

今を乗り越えても借りたお金を返済できる目途が無いなら、それは危険な行為です。
最悪の場合、現時点で会社をたたむことも考えなければなりません。
返済できないお金を借りてしまったら最後、借金地獄になってより悲惨な人生が待っています。

 

 

資金調達には非常に苦労するはずです。
多くの相手から融資を断られている時に、お金を貸してくれる人が居たらすがり付きたくなるでしょう。しかし、そんな相手に限って悪徳業者なのです。
状況を見誤らないように、視野を広く持つことが大切です。