あなたの会社を良くすることに積極的な税理士を選ぶことが大切です。

税理士選びは会社をよくする為に重要

MENU

税理士選びの重要性

会社を設立して間もない経営者は、税理士について詳しくない場合が多いです。
そのため税理士がどのような仕事をして、どのような税理士が優秀なのか判断できないことがあります。

 

せっかく税理士を雇ったのに足を引っ張られてしまわないように、税理士選びは慎重に行いましょう。

 

では、もし税理士選びに失敗してしまうとどのようなリスクがあるのでしょうか。

良くあるのは財務申告の直前になって納税額が500万になると知らされ、
慌てて資金繰りをするようなケースです。
返事が遅く必要な時に連絡が取れない税理士も失敗だと言えるでしょう。
必要な時に連絡が取れないと、自分で調べてしまった方が早いことさえあります。
これではお金を払って雇っている意味がありません。

 

後になって他の税理士を雇うよりも高額な金額で顧問契約してしまっていたケースもあります。税理士を雇う相場が分からず高額でふっかけられている最悪のパターンだと言えます。

 

良い税理士と顧問契約して、会社経営のサポートをしてもらうためにも
次の点に注意してしっかりと選ぶようにしましょう。

 

 

まず顧客目線の意識を持っている税理士を選ぶようにしてください。

税理士は税金がいくらになるのかをただ計算するだけ、と言う意識で仕事をしている人が居ます。
確かに最低限の仕事はしているでしょう。
しかし、良い税理士は会社の状況を踏まえた上で、より良いアドバイスをしてくれるはずです。
最初に挙げられるメリットは、節税に対して細かく指導してくれることです。
税金を計算していれば、節税できる場所に気付けるはずです。
それを伝えてくれるかどうかが顧客の立場になっているかどうかなのです。

 

他にも役員報酬についてアドバイスをくれる税理士は優秀です。

役員報酬が高すぎると所得税が増えますし、少なくすれば会社の利益となり法人税が増えます。
ここで役員報酬を絶妙な金額に設定できれば税金を少なくできるのです。
場合によっては数百万の節税に繋がるため、これについてアドバイスをくれる税理士は頼もしい限りです。

 

他にもいろいろありますが、何よりもあなたの会社を良くすることに積極的な税理士を選ぶようにしてください。それが失敗しない税理士選びのポイントです。