助成金や補助金は返済不要です。これを最大限利用すれば資金繰りは楽になります。

起業する時の助成金・補助金制度とは?

MENU

助成金・補助金制度

起業の際に問題になるのが資金の問題でしょう。
いざ会社として営業を始めても、運営費用や諸経費、税金の対策などでお金の悩みは尽きません。
銀行から融資を受けられれば問題はありませんが、どうせならもっと楽な補助金や助成金を活用したいものです。

 

補助金助成金は国や地方公共団体が、起業をサポートする目的でお金を用意しています。
意外とこの制度は知られていません。
利用できるものは利用しなければ損です。

 

そして、この助成金や補助金の最もうれしい点が、「返済不要」だと言うことです。
つまり申請が通ればタダでもらえるのです。
これを利用しないのは経営者として無知だと言われても仕方がありません。
申請して審査を突破して返済不要のお金を手に入れましょう。
きっと起業の役に立ってくれるはずです。

 

 

まず、補助金と助成金は少し意味が違っています。

助成金は要件が合えばほとんどの場合がお金を受給できるのに対して、
補助金は要件が合っても受給できない可能性があるのです。
理由は、補助金は支払い件数や金額が決まっているからだと言われています。
ちなみに補助金や助成金にはいくつか種類があるので、どのタイプを受給できるか調べておきましょう。

 

補助金や助成金を申請したら、次は審査が必要になります。

公的な資金のため誰でも貰える訳ではないのです。
例えば事業の独自性が審査されたり、事業の収益性や継続性なども見られます。
その会社の事業が成り立つかも重視されるでしょう。
補助金や助成金を出したのにすぐに倒産してしまうようでは意味が無いからです。

 

さらに起業した後も補助金や助成金は利用できます。

従業員の教育を行う場合などがそれに当たります。
従業員の職業能力開発を行う時に助成金を受けられます。
何でも良い訳ではなく、認定職業訓練、認定実習併用職業訓練を実施した場合は助成金の限度額は1000万にもなります。
ただしこれは先払いではなく後払いになります。
他にも雇用保険適用の事業主である必要があったりといろいろと条件があります。

 

 

このように助成金や補助金を利用することで、会社の経営が大きく変わる可能性があります。
従業員の能力が向上すれば生産性も上がります。
利用できる補助金や助成金を最大限活用して、危険な資金調達法を避け、一流の企業を目指しましょう。