売掛金の金額が多く、支払われる日時が曖昧だったり滞っているなら危険信号です。

売掛金に対する考え方【軽視は禁物】

MENU

売掛金に対する考え方

あなたの会社には売掛金がどのぐらいあるでしょうか?
もしもその金額が多く、支払われる日時が曖昧だったり滞っているなら危険信号です。

 

経営をしない人は、聞いたことがあるけど意味が分からないと言う人も居るでしょう。
売掛金、買掛金とは一見難しく感じますが、実は非常に簡単なことです。

 

売掛金とは、商品やサービスを売ったけど、まだ現金を支払ってもらっていないことを表します。商品やサービスを会社相手に売った際には、翌月末や翌々月末に支払いが行われます。
その現金が支払われるまで便宜上、売掛金と言うのです。

 

買掛金はその逆で商品を購入したのにまだ現金を支払っていないことを意味します。
つまり、売掛金は今後得られる予定の現金、買掛金は今後支払う予定の現金、となります。

 

この売掛金に対する考え方ですが、軽視するのは非常に危険です。
なぜなら商品やサービスを売っているのに、利益が入って来ていない状態なのです。
当然、ほとんどの場合は問題なく期日までに支払われるでしょう。
しかし、時としてこの売掛金が手に入らなくなる場合が存在するのです。

 

例えば、とある会社相手に売った商品の売掛金が1000万あったとします。
あなたの会社は1000万の利益を得られるため、非常に喜ばしいことでしょう。
ですがここで何もかも安心してはいけません。
なぜなら相手の会社が倒産する可能性が少なからずあるからです。

 

相手の会社が急にリストラを始めたり、重要な役職の人が退職したりしていないでしょうか?

人員の流出が始まっているとそれは危険信号です。

 

取引先が不動産を所有しているなら登記簿を取ってみるのも重要です。

建物や土地がどんどん売却されていたり、銀行が抵当権を持っている場合はかなり危険です。

 

不穏な気配を感じたら、何が何でも支払ってもらえるように行動を起こしましょう。
相手の会社に引きずられて共倒れすることが無いようにしてください。
売掛金の金額が多ければ多いほど、慎重になるのに越したことはありません。

 

税理士選びの重要性も理解しよう!