登記とは、法務局に会社の情報を登録することを意味します。

登記の意味とは-必要な手順と書類の解説

MENU

会社経営に必要な登記

会社経営を始めるためには、実に様々なことを行わなければなりません。
思い立ったからと言って、何の準備もせずに経営を始められるというわけではないのです。
まず大前提として、会社を作らなければ経営を始めることはできません。
そして、会社を作った際には必ず登記を行わなければなりません。

 

 

登記とは?

会社登記

会社経営を始めるためには、会社を設立して登記を行うという段階を踏まなければなりません。
これは、新しく会社を作る際には必ず経なければならない過程です。
登記(会社登記)とは、商号や本社所在地、事業の目的、代表者の氏名と住所といった、取引上重要な会社に関する事項を法務局に登録することを言います。
登記を行うことで、会社の概要を一般に公表することを通して信用を獲得することができ、さらに会社の認知度を広めることができます。

 

会社(法人)と呼ばれるものには、株式会社、合同会社、合資会社、合名会社、一般社団法人、一般財団法人、特例有限会社、NPO法人などがありますが、これらの全てが設立時に登記を行わなければなりません。
尚、一度登記した会社に関する事項は誰でも自由に閲覧することができます。

 

 

登記の手順

登記を行うためには、いくつかの手順を踏まなければなりません。
以下で、その手順を簡単に説明したいと思います。

 

設立事項を決定する

まず初めに、会社の設立事項を決定します。
具体的には、商号、本店所在地、事業目的、資本金の額、役員などといった事項を決めることになります。

 

定款を作成する

会社の基本的なルールをまとめた定款の作成も必要になります。
定款には何らかの決まった書式があるわけではありませんので、ある程度自由に作成することができます。

 

ただしどのような内容であっても、絶対的記載事項・相対的記載事項・任意的記載事項の3つについては必ず記載されていなければなりません。

 

定款の認証を受ける

定款を作成した後は、公証役場で公証人の認証を受けることになります。
認証を受ける際には、紙に印刷した定款を認証してもらう方法と、電子定款を公証役場にオンライン送信して認証してもらう方法のどちらかを選ぶことになります。

 

資本金を払い込む

定款が認証されたら、次に資本金の払込みを行います。
資本金は、会社の発起人である代表者の個人口座に振り込みます。

 

設立登記を行う

以上の段階を踏んで、最後に法務局で設立登記を行うことになります。
登記申請書を作成し、添付書類と合わせて法務局の窓口に提出します。

 

 

登記に必要な書類

言うまでもありませんが、会社の設立登記にはいくつかの書類が必要になります。
登記に必要な書類は以下の通りとなります。

 

  • 登記申請書
  • 登録免許税納付用台紙
  • OCR用申請用紙(または磁気ディスク)
  • 定款
  • 払込証明書
  • 発起人の決定書
  • 就任承諾書
  • 取締役の印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)

 

尚、申請の方法に関しては、直接法務局に書類を提出するという方法と郵送で送るという二つの方法があります。
また申請の期限に関しては、設立時取締役の調査完了日もしくは発起人が定めた日から2週間以内となっています。